サラリーマン卒業Blog

【期限2026年】40代サラリーマン、あと5年で卒サラします

書籍

【Book】「おじさん」に厳しい本3選

投稿日:2021年5月2日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

読書が好きで、暇があれば本を手に取ってしまう私です。
最近本を読んできて気づいたことがあります。

それは、最近のビジネス書は「おじさん」に対して厳しいということ・・・。
何歳からおじさんかはここでは議論はしませんが、45歳を越えれば明らかに世間的にはおじさんで間違いないでしょう。

今日は、自分への戒めのためにも、おじさんに厳しい3冊をお伝えします。

【おじさんに厳しい本3選】
1.日本再興戦略(落合陽一著)
2.シン・ニホン(安宅和人著)
3.2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (瀧本哲史著)

 

1.日本再興戦略(落合陽一著)

「ホワイトカラーおじさん」

・働かないホワイトカラーが企業の足を引っ張っていることは、データを見れば明白
・ホワイトカラーおじさんが大企業からいなくなることによって、日本企業の業績が一気によくなるはず
・ホワイトカラーおじさんは、大企業での活用が難しい

 

2.シン・ニホン(安宅和人著)

「ジャマおじ」「ジャマおば」

・ミドル、マネジメント層は、残念ながらそもそものチャンスと危機、現代の朝鮮の幅と深さを理解していない人が大半
・激変する時代に彼らが生き延び、未来の世代や事業のじゃまにならない人材であるためにはスキルを刷新しなければいけない
・日本のあらゆる産業の刷新を止め、AIネイティブな世代を引き上げることもなく、この国をさらに衰退につないでしまう。

 

3.2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義 (瀧本哲史著)

「痛いやつ」

・(30代以上へアドバイス)ちょっとスタートが遅いので大変だから、けっこう頑張ってください
・40ぐらいになっても人生の無限の可能性とか追求してたりしたら、かなり痛いやつ
・40代の人に言っても「ボワーッ」みたいな感じだと思うまとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?おじさん必読の3冊です。
この3冊は定期的に読むようにしており、自分にとって大切な本です。

自分は「おじさんじゃない」という勘違いをしないために、読んでいます。
40代でも夢を持ってもいいと思いますが、若者の邪魔をしてはいけないと思っています。
後任に道を譲りつつ、自分がサポートできることはなんなのかを考えていく年代だと理解しています。

そう思っても、なかなか若者に道を譲れないのですが・・・。

今日もありがとうございました。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 34冊目】本物の教養 出口 治明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『本物の教養』出口 治明 著 <最初の一文> この本は、「教養」をテーマにした本です。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔ …

【厳選7冊+α】クリティカルシンキングは、社会人に必須のスキルです

ありがとうございます。Mr.さかんです。 社会人歴20年以上を経験しています。 新入社員、中堅、ベテランどのタイミングにおいても、 仕事をする上でベースとなる知識、それが「クリティカルシンキング」です …

【書評 53冊目】この国を出よ 大前研一 柳井正

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『この国を出よ』大前研一 柳井正著 <最初の一文> 今や日本は、世界の荒波の中で、羅針盤も舵も失って、ただ沈没を待つだけの難破船のように見えます …

【書評 24冊目】夜と霧 V・E・フランクル

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『夜と霧』 V・E・フランクル著 <最初の一文> 「心理学者の強制収容所体験」というこの書においては、事実の報告というよりもむしろ一つの体験描写 …

【奇跡の経営】1週間毎日を週末にするための、たった一つの方法

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 奇跡の経営 リカルド・セムラー 著 <最初の一文> チーズのことなんてどうだっていい。それよりももっと重大なことがあります。 それは・・・「週末 …