ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【Book】『心は病気』を読んで

投稿日:2021年4月26日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日は『心は病気』アルボムッレ・スマナサーラ著を読みましたので、気づきをまとめていきます。
これを手に取った理由は、これからの健康に投資するためです。

会社を辞めてフリーランス、経営者になるには、まずは自分の体が資本です。
定期的な健康診断や、歯科検診などと合わせて、心の健康にも気を使いたいと思います。

この本の結論を先にお伝えすると、心というものは「わがままな大バカ者(=病気)」ということです。
そして、心を治すには、「自我を捨てること」ということだそうです。

失敗しても、自分は大したことない人間なんだから、まあ仕方ない。
成功しても、我ながらよくやったなぁ。でもまあたまたま上手くいっただけ。
そう思えることが大事なんだとか。

それではここから、具体的にどうすれば良いかを、3点にまとめてお伝えします。

1.なんでも知っている、なんでもコントロールできるという高慢さを捨てる
2.世の中で生まれたものは全部消えることを知る
3.人間の問題は考えるこ考えること自体にあると理解する

 

1.なんでも知っている、なんでもコントロールできるという高慢さを捨てる

自然災害なんかは際たるものです。
地震・台風などは、我々ができることは限られています。
いつ自然災害があってもいいように準備はできますが、災害が起こらないようにすることはできません。

自分にはコントロールできないものがあるということを理解しておけば、感情の波が少なくなります。

 

2.世の中で生まれたものは全部消えることを知る

いつかは、だれにでも訪れる「死」。
そして自然災害などで破壊されてしまう可能性のある「財産」もその一つでしょう。

家族、友人、家、お金も、すべて消えてしまうことを知る。
いつかは無くなってしまうことを理解していれば、無くなった時に迷子になることはありません。
逆に、消えてしまうものに頼ってしまっていると、消えてしまった時に自分を見失ってしまいます。

すべては消えてしまうもの、そう考えて、自分の中の軸を育てていくことが大切ということです。

3.人間の問題は、考えるこ考えること自体にあると理解する

「人間がバカなのは、考えるからだ」と、著者は言い切っています。

情報社会の今、我々は一瞬一瞬、入ってくるさまざまな情報に対して、すぐ評価を下したり、防御や攻撃をしたりして反応をしている。
その結果、私たちは、その自動反応に莫大なエネルギーを使ってしまっているということです。
四六時中あれこれと考えるのは、ガラクタで頭が満杯になっている状態。だから、まずは思考を止めることが大切だと著者は言っています。

少し時間に余裕がある時には、何をしようか考えるのではなく、考えない時間をもつことは贅沢なことなのかもしれません。

 

まとめ

心は、バカ・こども・弱い・病気と、著者は繰り返し本著で伝えています。
つまり心は”育てるもの”というのが、著者の伝えたいことなのだと思います。

そうしないと、人間は心に支配されてしまい、見た目はおとな、心はこどものままでいることになります。

心に投資する時間を、何もしないじかんを1日10分取ってみようかと思います。

今日もありがとうございました。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 22冊目】大河の一滴 五木 寛之

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『大河の一滴』 五木 寛之著 <最初の一文> 私はこれまでに二度、自殺を考えたことがある。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x271 …

【書評 50冊目】遊ぶ奴ほどよくデキる 大前 研一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『遊ぶ奴ほどよくデキる』大前 研一 著 <最初の一文> 多くの友と遊びの話をしていると「三無い」運動家かと思う。 *時間が無い、お金が無い、心の …

【書評 42冊目】うまくいかないときの心理術 古田 敦也

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『うまくいかないときの心理術』 古田 敦也著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 &#x271 …

【書評 11冊目】敵は我に在り 野村 克也

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『敵は我に在り』野村 克也 著 40年前に書かれた、故野村克也さんの名著。 多々ある野村克也本の原点とも言える一冊。   【もくじ】 …

【書評 64冊目】小さなチーム、大きな仕事 J・フィリード&D・H・ハンソン

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 小さなチーム、大きな仕事 J・フィリード&D・H・ハンソン著 <最初の一文> 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネス …