ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

仕事 書籍

【厳選7冊+α】クリティカルシンキングは、社会人に必須のスキルです

投稿日:2020年5月16日 更新日:

ありがとうございます。Mr.さかんです。

社会人歴20年以上を経験しています。

新入社員、中堅、ベテランどのタイミングにおいても、
仕事をする上でベースとなる知識、それが「クリティカルシンキング」です。

「クリティカルシンキングを学ぶのに、おすすめな本や方法を知りたい」

こういった疑問に、答えていきたいと思います。

✔︎本記事の内容
・クリティカルシンキング、難易度別おすすめ本
初級【3冊】
中級【2冊】
上級【2冊】

 

クリティカルシンキング、難易度別おすすめ本

すべて新しい本ではありませんが、どの本も長く愛されている「名著」です。

名著は、長異間読まれているだけあり、いつ読んでも気付きがあります。
実際に、これから紹介する本は、いつでも読めるようにそばに置いています。

 

【★初級:初めての方】

✔︎世界一やさしい問題解決の授業

2007年に出版された、問題解決の入門書。
あっという間に読めますが、奥は深いです。

論理的思考の基礎を理解するには、最適の書です。

 

✔︎問題解決トレーニング(Kindle Unlimitedあり)

問題可決の基礎を学んだ後は、トレーニングです。

例題が50問あるのですが、問題の設定がめちゃくちゃ面白いです。
「廃部の危機に直面した野球部」をみんなで助けましょう(笑)

 

✔︎クリティカルシンキングの教科書(Kindle Unlimitedあり)

ロジカルシンキングを理解された方は、いよいよクリティカルシンキングです。
誰も気付いていない課題を見つけ、問題解決するためのスキルです。

副題に「入社一年目の教科書」と書いてありますが、どの年代・役職の方にもおすすめです。
実際私も入社15年目で読みました!

 

【★★中級:実践される方】

✔︎仮説思考(マンガもあります)

 

仮説から始めれば作業量は激減する⁉︎

「自ら問題を発見する能力が弱い日本人」を危惧する著者。
仮説を立て、最適な解決策を効率よく導き出せる方法を教えてくれます。

 

✔︎イシューからはじめよ

やるべきことは「100分の1になる⁉︎」

内容は高度で、繰り返し読む必要があるが、専門書のような取っ付きにくさはありません。
今、話題になっている「シン・ニホン」著者の1作目です。

 

【★★★上級:学びを深めたい方】

✔︎考える技術・書く技術

明快な文章を書こうと思えば、明快な論理構成が必要です。
物事を上手に論理立てて述べるテクニックを伝授してくれます。

すぐには理解、実践できませんが、20年、いつもそばに置いている1冊です。

 

✔︎MBAクリティカルシンキング

グロービスが発行している専門書です。
文章は専門書らしく読みにくいですが、演習問題や事例が豊富で理解はしやすいと思います。

グロービスなど、MBA受講生は必読の書です。

 

 

【さいごに】ロジカルシンキングと何が違うの?

・ロジカルシンキングとは、「論理的思考」の要素を整理し分析すること

・クリティカルシンキングとは、「批判的思考」問いかけや仮説を立てること

論理的に考えることは、人を説得するのに重要です。

しかし、どれだけ論理的に正しくても、

言い方が厳しかったり、意見を押し付けたり、相手を否定したりすれば、相手は動いてくれません。

人は、最終的には「感情」で動きます。

この認識を持っておくと、クリティカルシンキングを学ぶ意義がでてくると思います。

-仕事, 書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 8冊目】こころの処方箋 河合隼雄

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 こころの処方箋 河合 隼雄 著 心理学者の第一人者が書いた、心の響くエッセイです。 20年以上前の書籍ですが、内容は全く色あせていません。 今の …

【書評 58冊目】松浦弥太郎の仕事術 松浦弥太郎

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 「松浦弥太郎の仕事術」 松浦弥太郎 <最初の一文> 「三級浪高くして魚龍と化す」という禅の言葉があります。 【もくじ】 ✔︎本の紹 …

【書評 18冊目】極上の孤独 下重 暁子

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『極上の孤独』 下重 暁子 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネス …

【次は何読む?】おすすめ本を見つける、3つの方法

ありがとうございます。Mr.さかんです。 読書好きあるある。 1冊の本を読み終わってしまった後、 「次に何読もうかな〜」と悩んだ経験ありませんか? 以前の私は、毎回でした・・・。 しかし今は、毎年10 …

【書評 24冊目】夜と霧 V・E・フランクル

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『夜と霧』 V・E・フランクル著 <最初の一文> 「心理学者の強制収容所体験」というこの書においては、事実の報告というよりもむしろ一つの体験描写 …