ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

仕事

【心の断捨離】何もしない時間を作ることは大切です

投稿日:

ありがとうございます。

緊急事態宣言が解除され、通常業務とオンライン業務で多忙な方も多いと思います。
今日は「何もしない時間を作ることは大切です」についてお伝えしていきます。

【もくじ】
✔︎何もしない時間はなぜ大切なのか?
✔︎何もしない時間を作る方法
✔︎何もしない時間はもったいないというあなたへ

 

✔︎何もしない時間はなぜ大切なのか?

思考が整理されるから。

パン生地を寝かせることに似ています。

パン生地をこねた後、冷蔵庫で寝かすと発酵が進んで生地が膨らんでいますよね!

あんな感じです。

実践してみるとわかります。

ずーっと仕事をしていても、煮詰まっていいアイデアは浮かんできません。

ただ何も考えず、散歩をしていたり、湯船に使ってる時にふと、アイデアが浮かんでくる経験はありませんか?

 

✔︎何もしない時間を作る方法

何もしないとは、何もしないわけではありません。
「自分の好きなことを、集中してやる時間を持つ」ということです。

つまり、自分の好きなこと以外は何もしないと言うことです。

例えば、本を読みながらTV見たり、ネットを見たり、音楽聴いたり・・・。
自分の周りに、物が溢れている方も多いと思いますので、そのような環境から離れることが大切です。

私が実践している方法は以下の方法です。

【1日3回何も考えない時間を設定する】
朝:散歩
昼:カフェ
夜:寝室
(冬限定:風呂)

やり方はシンプル。
私は本が大好きなので、本2-3冊、それとお気に入りの付箋を持っていくことです。
その他のものは、持っていかない。絶対に。

ここは覚悟が必要です。
特に携帯!ついついネットサーフィンをしてしまい、あっという間に時間が経過してしまいます。

 

・電話は家に置いて外へ出る
・電話は別の部屋に置いて、寝室に入る

 

この2点を覚悟を持ってやりきることが大事です。

 

✔︎何もしない時間はもったいないというあなたへ

時間は有限だからこそ、何もない時間を持つことが重要です。

【2つのメリット】
・好きなことに没頭できれば、ストレスが発散されます。
・脳を休憩させてことで、思考が整理されます。

 

「Googleの20%ルール」は有名なのでご存知の方は多いと思いますが、
心と体を一定時間休ませることで、新しいアイデアが生まれてくる可能性はあるのではないでしょうか?

「Googleの20%ルール」
業務時間の内の20%を「普段の業務とは異なる」業務(Googleにおいては新規事業立案)にあてて良いという制度

まとめ

本日は、「何もしない時間を作ることは大切です」についてお伝えしてきました。

音楽の楽譜でも、何も音を出さないところに「休符」が入ります。
「休符」にも意味があるように、我々の体や脳にとってもある程度の「余白」は必要ではないでしょうか?

本日もお読みいただきありがとうございました。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【新人必見】仕事における報・連・相、たった1つのコツ

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は、社会人になったら必ず求められる、 報・連・相(報告・連絡・相談)についてお伝えしていきたいと思います。 【この記事の対象】 ・新人、若手社員 ・改めて …

【開催時間別】質の高い会議にするヒント

ありがとうございます。Mr.さかんです。 昨日まで場面別、実施者別の質の高い会議を実施する方法をお伝えしました。 ただ、一口に会議といっても、開催目的によって設定時間はまちまちです。 今日は、「開催時 …

【エディから学ぶ】リーダーがビジネス書を読まなければいけない、たった一つの理由

ありがとうございます。Mr.さかんです。 みなさん、「ビジネス書」読んでますか? ビジネス書をたくさん読んでいると、 「どの本も基本的に言っていること同じ」と感じることありませんか? 私もその一人で、 …

Wordpress記事投稿装飾

【新社会人】いまだからこそ読むべき本10選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 新社会人のみなさん、そろそろ社会人生活には慣れたころでしょうか? だれもが1度は口にしたセリフ「あの頃、あの本に出会っておけば・・・」 社会人生活20年の私が …

【一人ではムリ】転職を検討しているあなたへ

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日は「転職を検討しているあなたへ」をテーマにお伝えしていきます。 転職3回の経験から言えること。 「転職は長い道のりである」 「一人で戦うことはできない」 …