ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【怒らないこと】

投稿日:2021年2月23日 更新日:


ありがとうございます。
Mr.さかんです。今日の1冊

怒らないこと アルボムッレ・スマナサーラ 著

 

✔︎本の紹介

「怒ってよい理由などない」

この一文を読み、突然、頭をハンマーで殴られた気がしました。

子供に、部下に、上司に毎日のように怒っている私。
口に出さないとしても、いつも頭の中で怒りの呪文を唱えている時間のなんと多いことか。

もし本当に「怒って良い理由など」ないとしするならば、私はなんでこれほど怒っているのか。

そう思い、慌てて手に取った一冊です。

内容は非常にシンプル、ただ非常に奥の深い一冊です。

【もくじ】
✔︎3つのポイント解説
✔︎名言・至言3選

「怒らないこと」

残念ながら、それは一朝一夕に出来ることではありません。
ただ、怒らなくなるようにするコツはあります。

それを本書の中から3つをまとめました。

「怒りを放棄する」ために、今すぐやるべき3つの取り組みについて、順に解説していきます。

 

✔︎3つのポイント解説

①客観的に自分を見る

怒りが生まれたら、「あっ、怒りだ、怒りだ。これは怒りの感情だ。」とすぐ自分をみる。

これが大切です。

つまり怒っている自分を”客観視”するということです。

人が怒っている姿を冷静に見ると、滑稽ですよね。
なんであんなに怒ってるんだろうと。

それと同じです。
最初は難しいと思いますが、少しずつ始めてみましょう。

 

②こだわりを捨てる

「これが私の生きがいだ」などとこだわることはありません。
そんなものは自分で勝手に決めたものですから、心の持ち方しだいで、どうにでもなります。

自分の生きがいや、こだわりを否定されると、腹が立つものです。
そしてプライドが傷をつけられるかもしれません。

好きなもの、嫌いなもの、そして価値観なんて、みんなが違っています。
みんな違っていいのです。

相手に分かってもらえるはずがありませんので、あきらめましょう。

”こだわり”は持ちものです。
持ち続ける必要はありませんし、捨ててもまた持てばいいと思えば気楽になりませんか?

 

③他人と比べない

自分は自分がやるべきことをきちんと精一杯やれば、それでいいのです。
他人との勝ち負けなど、いっさい考える必要はありません

他人と比べても自己肯定感は下がる一方です。
他の人より出世したい、お金をもらいたいと考えながら生きていれば、ストレスになりませんか?

比べるなら自分と比べましょう。
去年の自分、昨日の自分と比べてどうだったか?

私はココ・シャネルさんの言葉が大好きです。
「私のように、年老いた、教育を受けていない、孤児院で育った無学な女でも、まだ1日にひとつぐらい花の名前を新しく覚えることはできる」

大きく成長する必要なんてありません。
1日1つ。昨日より今日1つ幸せなことが増えればそれでいいのではないでしょうか。

 

✔︎名言・至言3選

・自分の都合のよい結果を求めるのは、人間の途轍もない無知です。

・「悪人はみんな、死んで当然だ」という理屈にしたがうなら、どれぐらいの人が死ねばいいと思いますか?

・怒っているときは、その人はただの化けものか鬼であって、人間ではありません

 

いかがでしたでしょうか?
「怒り」をコントロールすることは、本当に難しいです。
本著でもありましたが、一生をかけて取り組むべき課題だと私自身感じます。

ぜひ一度は読んでみてほしい一冊ですし、できれば繰り返し読んでほしい一冊です。

あなたの近くにお守りのように置いておくと良いかもしれません。

【著書情報】
書籍名:怒らないこと
著者:アルボムッレ・スマナサーラ
出版社:サンガ新書(2006年)

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【奇跡の経営】1週間毎日を週末にするための、たった一つの方法

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 奇跡の経営 リカルド・セムラー 著 <最初の一文> チーズのことなんてどうだっていい。それよりももっと重大なことがあります。 それは・・・「週末 …

【書評 50冊目】遊ぶ奴ほどよくデキる 大前 研一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『遊ぶ奴ほどよくデキる』大前 研一 著 <最初の一文> 多くの友と遊びの話をしていると「三無い」運動家かと思う。 *時間が無い、お金が無い、心の …

【Book】『心は病気』を読んで

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日は『心は病気』アルボムッレ・スマナサーラ著を読みましたので、気づきをまとめていきます。 これを手に取った理由は、これからの健康に投資するためです。 会社 …

【書評 28冊目】わかりあえないことから 平田 オリザ

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『タイトル』 作者 平田 オリザ 著 <最初の一文> 世の中では、「コミュニケーション能力」あるいは「コミュニケーション教育」という言葉が、いさ …

【必読】会社員の価値観を大きく変える一冊

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は私の価値観を大きく変えた一冊をご紹介します。 新入社員〜ベテラン社員まで必読の書です。 簡単な本の紹介の前に、共著レイモンド・ハルの”はしがき”コメント …