ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 11冊目】敵は我に在り 野村 克也

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『敵は我に在り』野村 克也 著

40年前に書かれた、故野村克也さんの名著。
多々ある野村克也本の原点とも言える一冊。
 

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

現役引退直後に書かれた本書。

「人間は成功すること(結果)より、努力すること(過程)に意義があるんだ」と、27年間の現役生活を振り返り語る野村さん。

現役時代にプロとして実践していた心構え。
引退してから改めて気付いた教えが学べます。

野村語録が満載の一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■「人間それぞれ過去を持っている。みんなが過去を口にしだしたらキリがないじゃないか。だから、今日をどう生きるのか、それを聞かせてほしいんだ。」(草野大蔵)

 

■監督として、もっとも気をつけたいことは、選手に対しては「具体的な指示をあたえる」ということでした。それが責任者の心得ではないでしょうか。

 

■「こんなことは知っているだろう」「言わなくてもわかっているだろう」と考えるのは、よくありません。どんな細かいことでも、「わかっていると思うが」と前置きして念を押し、指示を与える。大事な局面ほど、それが大切です。

 

■もっとも多いのは酒でダメになるケースです。(中略)私の経験では、酒が大敵です。なぜか。毎日でものめり込むことができるからです。

 

■リーダーは「利益と尊敬と少しの恐怖」で組織を動かしてゆくべきで、その潤滑油が「笑い」(ユーモア)なのです。

 

■結果はどうなるか、誰にもわかりません。それが「選択」です。「リーダーでチームは変わる」と言う見本のようなものです。

 

■「長所をのばす」という耳ざわりのいい言葉に眩惑されて、教える側も教えられる側も、見当違いの方向に進んでしまう。
「長所」については、人がとやかくいわなくても、自分が意識しなくても、自然にできてしまうものなのです。
「短所」や「弱点」こそ、意識して修正、強化に取り組まなければなりません。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・今日をどう生きるのかに集中
・指示は具体的に
・繰り返し伝達

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
「今」を充実して生きることの大切さです。

たかが、45歳でベテランなどと言っていた自分を恥じ、
引退後も野球を人間の営みの一つとして謙虚に、正直に追求する野村さんの姿に、
本書を通じて心を動かされることばかりの一冊でした。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:敵は我に在り
著者:野村克也
出版社:KKベストセラーズ
発行日:1984年6月15日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 76冊目】真贋 吉本隆明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 真贋 吉本 隆明 著 <最初の一文> 僕らが壮年の頃、関西に久坂葉子という新人の小説家がいました。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &# …

【ベストセラー本】世の流れは分かるが、読みたい本は見つからない

ありがとうございます。 ベストセラーで世の流れは分かるが、読みたい本は見つからないです。 毎年6月になると上半期ベストセラー、 12月になると年間ベストセラーがニュースになります。 昨日は、日販から2 …

【書評 38冊目】なまけ者のさとり方 タデウス・ゴラス

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『なまけ者のさとり方』 タデウス・ゴラス 著 <最初の一文> 私はなまけ者です。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジ …

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 新しい経済の基本的単 …

【書評 79冊目】田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格 著 <最初の一文> 「革命は辺境で起きる」と言ったのはレーニンだった。 【もくじ】 &#x2714 …