ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 15冊目】勝負強さ 井端 弘和

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『勝負強さ』井端 弘和 著
【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

中日ドラゴンズー読売ジャイアンツで活躍された、井端弘和さんの書。

「面白い場所や、熱中できるものを見つけたときには、そこに向かえばいい。自分を知って、自分に合った場所に向かえばいいのだ」
中学校まで4番ピッチャーで活躍した井端さんが語る、スペシャリストとして生きる道とは。

4番ピッチャーになれない子供たち、
社会で4番を打てなくなった人たちに書かれた一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■「このボールが来い」という願望を含んだ中途半端な考えでなく、「次は、このボールが必ずくる。だからそのボールが来たら、こう打とう」という確信に基づいたシンプルな思考。

 

■プレッシャーをはねのける方法は、ひとつしかない。真剣な練習。本当の練習。(中略)普段から緊張する状況を想定して真剣に練習に取り組むしかない。

 

■「人と違う野球の見方をしろ。人の気がつかないところに目をつければ、自分の野球の視野も広がるし、野球を辞めた後にも道が開けてくる。」(野村克也)

 

■気持ちの切り替えとは、次への準備なのだ。

 

■「一から始める野球」一瞬と1球をいかに大事にコントロールするか。

 

■(きっちりした野球とは)「攻撃では相手のスキを見逃さずに、狡猾に一つでも前の塁を狙う。緻密さを第一義に置き、一人ひとりが、自分の打線における役割を知り、エゴを捨てチーム貢献を考える。そして、守備における仕事を知り、一つ先の類を渡さず、ファインプレーはなくとも、アウトにできる打球は確実にミスなくアウトにする。

 

■スペシャリストが考える守備で一番大事なもの。「形がどうであれアウトにすること」

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・きっちりした仕事
・一瞬、1つの仕事を大切にする
・次への準備を怠らない

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
「1つ」を丁寧に真摯に取り組んでいるということ。

1球、1打席、1スイング、ワンプレー・・・。

すべての結果は、その積み重ねでしかなく、
その積み重ねが、現在の井端さん、唯一無二の、変えのきかない選手を作り出しているということです。

ビジネスでも生かしたい考え方ですね。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:勝負強さ
著者:井端 弘和
出版社:KADOKAWA
発行日:2013年7月20日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 30冊目】アンドロイドは人間になれるか 石黒 浩

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『アンドロイドは人間になれるか』石黒 浩 著 <最初の一文> 母親が言うに、僕は、人の言うことを聞かない子どもだったらしい 【もくじ】 &#x2 …

【ベストセラー本】世の流れは分かるが、読みたい本は見つからない

ありがとうございます。 ベストセラーで世の流れは分かるが、読みたい本は見つからないです。 毎年6月になると上半期ベストセラー、 12月になると年間ベストセラーがニュースになります。 昨日は、日販から2 …

【奇跡の経営】1週間毎日を週末にするための、たった一つの方法

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 奇跡の経営 リカルド・セムラー 著 <最初の一文> チーズのことなんてどうだっていい。それよりももっと重大なことがあります。 それは・・・「週末 …

【書評 47冊目】見方をふやす技術 藤原 和博

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『味方をふやす技術』藤原 和博 著 <最初の一文> 見方をふやすためには、嫌われる覚悟も必要だ。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x …

【書評 73冊目】上杉鷹山の経営学 童門 冬二

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 上杉鷹山の経営学 童門 冬二 著 <最初の一文> アメリカのジョン・F・ケネディ大統領が生きていたころ、 日本人記者と会見して、「あなたがもっと …