ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 16冊目】決めて断つ 黒田 博樹

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『決めて断つ』 黒田 博樹 著
【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

日本プロ野球、メジャーリーグで活躍した黒田博樹さん。

「決断」それは、「決めて断つ」。

何かを決めることには何かを断つ覚悟が必要、それがなければその決断はいい方向にいかない。

挫折、挑戦、活躍の裏にはどんな「決断」があったのか?
黒田さんのストーリーを振り返りながら、ブレない心の持ち方を学べる一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■自分が生きている範囲しか見えない。そこで努力を積み重ねて一番になる。そうなってこそ、ようやく外の世界を見ることができるようなる。

 

■1勝で自信が持てるなら、その自信は1敗であっという間に失われる。

 

■その間の段階こそが重要で、段階ごとに目標を立て、邁進することに注力している。それが「目の前の目標にこだわる」という意味だ。

 

■打たれるのが怖い。怖いから、練習して上達するしかない。(中略)打たれるのが怖くなくなったら、僕は野球選手として終わりだ。

 

■体を整えるために、心技を捨てる。そう発想を変えることがとても重要だった。

 

■「断つ」ことや「捨てる」勇気というのはなかなか出ないものである。長年積み重ねたものであるならなおさらだ。それでも上のレベルに挑もうとする際には、ときに必要なことでもある。

 

■自信というものは人から与えられるものではなくて、自分が地道に積み重ねてきたことで得られるものだ

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・捨てる勇気
・怖さを消すための練習
・目の前の目標に集中

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
ブレないことは孤独であるということ。

ハタから見ていれば、一人のかっこいい侍魂をもった男。

しかし内側は違う。
いつも覚悟を決め、決断を背負い、孤独な男。

シーズン最終戦後の、ヤンキース、カノー選手(二塁手)とのやりとりが印象的でした。

「後ろでずっと守っていて、分かっていたんだよ。夏場になってから体がつらいんだろうなって。それなのに、黒田、君は不満をひと言も言わず、1年間ローテーションを守ってくれた。ありがとう。」

「分かってくれる人がいたのか」
カノーのひと言で、自分が報われた気がしたのである。

決断と孤独は表裏一体であることを学びました。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:決めて断つ
著者:黒田 博樹
出版社:KKベストセラーズ
発行日:2015年4月5日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 69冊目】働きざかりの心理学 河合隼雄

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 働きざかりの心理学 河合 隼雄 著 <最初の一文> 「働きざかり」というのは、響きのよい言葉である。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 & …

【厳選7冊+α】クリティカルシンキングは、社会人に必須のスキルです

ありがとうございます。Mr.さかんです。 社会人歴20年以上を経験しています。 新入社員、中堅、ベテランどのタイミングにおいても、 仕事をする上でベースとなる知識、それが「クリティカルシンキング」です …

すべて”ごぶごぶ”が幸せ

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 仕事と家庭のバランスって、ムズカシイですよね。 仕事・家事・育児を夫婦でどのように取り組むかについて、ブログを書いている「Mr.さかん」です。 今回は、「ブ …

【書評 5冊目】「完本 桑田 真澄 」 スポーツ・グラフィック ナンバー編

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日も、スポーツ本書評です。 『完本 桑田 真澄』スポーツ・グラフィック ナンバー編 選手時代は口数が少なかった桑田選手。 野球に対する姿勢が語られている貴 …

【書評 74冊目】木のきのち 木のこころ 西岡 常一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 木のきのち 木のこころ 西岡 常一 著 <最初の一文> 私の家は代々法隆寺に仕える大工でした。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x2 …