ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 2冊目】「ハードワーク」 エディー・ジョーンズ

投稿日:2020年8月6日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日も、スポーツ本書評です。

『ハードバーク』エディー・ジョーンズ著

元ラグビー日本代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズが、
ラグビー日本代表への提言のみならず、すべての日本人に贈るメッセージです。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

外国人による、日本人論。
先日書いた、イビチャ・オシム(元サッカー日本代表監督)と同じく、
日本人の弱みを鋭く指摘してきますが、言葉の端々に「愛」を感じます。

それは、エディには少なからず、「日本人の血」が流れているからかもしれません。

 

「努力」が一番不足しているのは、日本人だ
ーエディ・ジョーンズー

そう言い切るエディからの、「ハードワーク」な提言です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

其の1.私はなぜビジネス書をたくさん読むのか?それは書かれた内容より、むしろ言い方を学びたいからです。
もし選手たちに同じことを同じ言い方で伝えていたら、やがて彼らは飽き、聞く耳を持たなくなるでしょう。
しかしそのたびごとに違う言い方で伝えれば、彼らに新鮮に響き、耳を傾けてくれます。

 

其の2.準備とは努力。努力は100%のものでないと、意味がありません。80%や50%のものなど、そもそも努力ではないのです。

 

其の3.「やってみなはれ」「Having a GO!」

 

其の4.準備は、自信を持つために行うといっていいと思います。成功は十分な準備がもたらす自信が、呼び込むのです。

 

其の5.「自分に満足するな。常にゼロから始めよ」いい成績をあげても、努力を怠らず、ハードワークを続けます。その繰り返しがあるだけです。

 

其の6.プロとアマチュアの違いは、なんと言っても心構えです。それをもう少し詳しく言うと、結果と責任に対する姿勢です。

 

其の7.本当の成功は、部下がリーダーを超えた時に起こります。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・数多くの伝え方、言葉を学ぶ
・結果に対して責任を持つ
・自分を超える人材を育成する

 

✔︎まとめ

本著の中で、最大の気付きは、
人に何かを伝えること、人を動かすことには、準備と努力が必要だと言うことです。

今まで漫然とビジネス書を読みあさっていましたが、どれも同じことが書いてあるな・・・と思って軽く読んでいました。
同じことが書いてあっても、違う言葉で書かれていることに気付きもしませんでした。

言葉を変えて、相手に伝え続ける。

リーダーとしての心構えを知ることができる本です。

ぜひ、読んでみてください。
 
【著書情報】
書籍名:ハードワーク
著者名:エディー・ジョーンズ
出版社:講談社+α文庫
発行日:2018年2月20日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング/エディー・ジョーンズ【1000円以上送料無料】
価格:748円(税込、送料別) (2020/8/6時点)

楽天で購入

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 9冊目】野村の見立て 野村 克也

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 野村の見立て 野村 克也 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネスで …

新潮文庫の100冊2020 おすすめ5選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は夏の恒例、新潮文庫の100冊2020 おオススメ5選についてお伝えします。 全100冊の中から、ビジネスパーソンを対象にした選書をしていきます。 【もく …

【書評 80冊目】日本人へ リーダー編 塩野 七生

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 日本人へ リーダー編 塩野 七生 著 <最初の一文> ユリウス・カエサルは、二千年以上も昔に次のように言っている。 【もくじ】 ✔ …

【奇跡の経営】1週間毎日を週末にするための、たった一つの方法

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 奇跡の経営 リカルド・セムラー 著 <最初の一文> チーズのことなんてどうだっていい。それよりももっと重大なことがあります。 それは・・・「週末 …

【書評 52冊目】孫の二乗の法則 板垣 英憲

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『孫の二乗の法則』板垣 英憲 著 <最初の一文> 20代で会社を起こし名乗りを上げる 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ …