ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 25冊目】さらば、GG資本主義 藤野 英人

投稿日:2020年8月29日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『さらば、GG資本主義』 藤野 英人 著

<最初の一文>
私の仕事は、「ファンドマネージャー」。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

「高齢化社会は、日本の会社や経済においても、もっと広範にいろいろな部分で「みんなの成長」の邪魔をしているのではないか。」

最強のファンドマネージャーが語る、日本の現状と未来の可能性。
日本を支える若者に、読んでいただきたい一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■藤野君、これが高齢化社会というものですよ。待っていても順番は回ってこない。だから、チャンスがあれば主導権を奪取しなさい。
(中略)日本の高齢化問題は「みんなの成長」を邪魔しているみたいです。

 

■日本はおもてなしの国だと言っているけれど、お客さんから従業員への声かけという点では世界の中で最も少ない国ではないでしょうか。

 

■一人ひとりの従業員が、自ら人生の「主人公」(オーナー)となって仕事を楽しまなければ、会社は成長できないのです。

 

■「ありがとう」は、周囲の働く人たち、そして社会への投資なのです。

 

■会社員でありながら、組織の意向を慮るよりも自分の意思・良心に従い、会社のリソースを使って、顧客のために働く社員。そんな人たちを、私は社員の虎ー「トラリーマン」と呼んでいます。

 

■残された時間が少なくなればなるほど、視点は身近なところに移っていく。そして「あと1日」と言われたとき、ほとんどの人が選ぶのは「家族の時間」です。

 

■あらゆることを、まず「好き・嫌い」から考えるくせをつけると、自分の快・不快の感情、やりたいこと・やりたくないことの基準がだんだんわかってきます。その延長戦上に、あなたの夢や思想があるのです。まずは自分の感情のあり方に目を凝らすこと。そこからすべては始まります。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・主人公は自分
・ありがとうを伝える
・好き・嫌いから考える

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
高齢化社会において、待っていてもチャンスはこないということ。
そして、GG世代は若者にチャンスを譲るべきだということ。

自らの過去の栄光や、自分の将来の不安ばかりに目をやり、今のポジションを死守し続けるGG世代。
日本の将来、成長を考えるのであれば、日本を支えてくれる若者にこそ、すべての投資を集中させるべきなのでしょう。

現在売れている、「シン・ニホン」にも通ずる一冊です。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
一歩、踏み出せ!

【著書情報】
書籍名:さらば、GG資本主義
著者:藤野 英人
出版社:光文社
発行日:2018年6月20日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【書評 26冊目】 投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野 英人

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『投資家が「お金」よりも大切にしていること』 藤野 英人 著 <最初の一文> 私は、お金が大好きです。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 …

【書評 19冊目】ウドウロク 有働 由美子

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『ウドウロク』 有働 由美子 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネ …

【書評 74冊目】木のきのち 木のこころ 西岡 常一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 木のきのち 木のこころ 西岡 常一 著 <最初の一文> 私の家は代々法隆寺に仕える大工でした。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x2 …

【書評 75冊目】ケネディからの伝言 落合 信彦

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 ケネディからの伝言 落合 信彦 著 <最初の一文> アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディがテキサス州ダグラスで暗殺さ …

【書評 31冊目】大局観 羽生 善治

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『タイトル』大局観 羽生 善治 著 <最初の一文> 将棋界には、「反省はするが、後悔はしない」という意味がある。 【もくじ】 ✔︎ …