ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 26冊目】 投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野 英人

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊
『投資家が「お金」よりも大切にしていること』 藤野 英人 著

<最初の一文>
私は、お金が大好きです。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

投資家として20年以上の経験をもとに、「お金の本質とは何か」を語り尽くした一冊。

お金について考えることは、自らの「働き方」や「生き方」を真剣に考えるとことと同義。
お金の見方が変われば、自分の人生や社会に対する見方も大きく変わる。

「お金」が何よりも大切、と思っている方は必読です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■真面目とは
「柳は緑、花は紅、真面目」(柳には柳の色、花には花の色があり、それぞれがそれぞれの個性や役割を発揮している」
真面目は「しんめんもく」と読み、ありのままでいること、本質的であることをあらわしている。真面目とは、本気であり、真剣であり、誠実であること。そして「本質とは何か」ということを、しっかり考えること。

 

■アメリカでは「民間人(の金持ち)が悪を倒す」といった一般的なヒーロー像がある。それに対して、日本でのヒーロー像はあくまでも「公務員が悪を倒す」である、ということです。

 

■社会貢献とは、新しい何かをつくりだすことだけではなく、消費することによっても成し遂げられるものです。ですから私たちが腹炊くことにも大きな価値があるし、私たちが消費することにも同じぐらい大きな価値があります。そういう意味では、「人は、ただ生きているだけで価値がある」のです。

 

■「自他不二」自分の喜びは他人の喜びにつながり、他人の幸福は自分の幸福につながる。だから、みんなの幸せを考えることが、最終的に自分の幸せを考えることにつながっていく。

 

■相手が変わるのを期待するのではなく、まず自分が変わる。まず一消費者である自分から変わる。それが、じつは世の中を良くすることにつながっていく。

 

■奇跡は人が起こすものだということでえす。神父さんは信じていたけれど、人のことは人事ていなかったわけですね。同様に、お金教の信者である日本人は、自分と自分のお金は信じていますが、他人のことは信じていません。

 

■「私の成功とは、長期的な人間関係を築いて、人に奉仕することだ」インドITウィプロ・テクノロジー会長

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・自分が変わる
・人に奉仕する
・人を信じる

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
今、自分のできることを、真面目にやるということ。

人は生きているだけで価値がある。
お金をたくさん稼いでいる人が偉いわけでも、価値があるわけではない。

奇跡は人が起こすもの。

奇跡は自分が起こす者。

価値観が変わる一冊となりました。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
エイヤ!
 
【著書情報】
書籍名:投資家が「お金」よりも大切にしていること
著者:藤野 英人
出版社:星海社
発行日:2013年2月25日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 37冊目】座右の書『貞観政要』 出口 治明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 座右の書『貞観政要』 出口 治明著 <最初の一文> 僕は、価値観の押しつけが大嫌いです。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x2714 …

【心に響く10選】スポーツ大好きな人が読むべき、ビジネスに役立つ本

おはようございます。Mr.さかんです。 学生時代、男性であれば野球・サッカー、 女性であればバスケットボール、テニスなど、 運動部に所属されてきた方が多いのではないでしょうか。 2016年データですが …

【書評 62冊目】「伝説の社員」になれ 土井 英司

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 「伝説の社員」になれ 土井 英司 著 <最初の一文> 年収の高い会社と低い会社。 好きな方に入れるとしたら、あなたはどちらを選びますか? 【もく …

【書評 44冊目】営業はいらない 三戸 政和

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『営業はいらない』 三戸 政和著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネ …

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 何をして生きるかが問 …