ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 3冊目】「告白」 清原 和博

投稿日:2020年8月6日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日も、スポーツ本書評です。

『告白』清原 和博 著

怪物の名をほしいままにした甲子園のヒーロー。
なぜ覚醒剤という悪魔の手に落ちたのかを、小学校時代から遡り「告白」をしてくれているのが本著です。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

PL学園→西武ライオンズ→読売ジャイアンツ→オリックスブルーウェーブで大活躍した、誰もが知っている清原和博さん。

ヒーローは必ず立ち上がる。立ち上がってくれるはず。

清原さんのことを知っている人であれば、一気読みしてしまうこと間違いない本書です。

そして人生の教訓になることが多い一冊です。

これは、どうしようもない、人間らしさの記録である。
〜「告白」巻末より引用〜

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

其の1.(ドッチボールやボール投げで)学校では一番なんですけど、岸和田全体ではどうなのか。自分がいる外の世界ではどうなのか。そういうことが知りたかった。

 

其の2.(3三振後の毎日300スイング)
僕が欲しかったのは技術的なものより、「俺はこれだけやったんだ」という自分に対する自信だったような気がします。

 

其の3.(FA宣言後、ジャイアンツに対して)
まずはドラフトのことを謝ってもらいたい、というのが第一の条件でした。

 

其の4.(FAで阪神に気持ちが傾いていた時の母の言葉)
「あんたの夢はどこに行ったん?相手の対応が悪いからとか、それぐらいのことでひっくり返ってしまうもんやったん?あんたの夢はそんなもんやったん?」

 

其の5.松井は悔しくなかったんじゃなくて、感情をうまくコントロールできる人間なんだなと思います。僕とは根本的に違うんです。
だから松井は松井。年齢にかかわらず彼には彼の凄さがあると自分の中で認めたんです。そうしたら、それからはあまり意識しなくなったというか。開放されました。

 

其の6.やっぱり悲しかったのは、9年間在籍したのに「お疲れさま」の一言もなかったということでした。

 

其の7.ホームランがなぜ自分を満たしてくれるのかというと、打つまでにすごい準備があるんです。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・自分の感情は自分で決める
・人と比べない
・準備・努力が自分を支える

 

✔︎まとめ

本著の中で、最大の気付きは、
自分の人生は自分で決めることが幸福への近道ということです。

他人と比べたり、誰かの言葉で感情を揺らすのではなく、自分の中の軸をしっかり持つ。

自分の夢のために、努力と準備を続けていくことが自分の軸を形成することにつながるのだと。

私は、この本の発売当初、購入することを迷いました。

ヒーローは、ヒーローのままでいて欲しい

私の勝手なヒーロー像を清原さんに重ねてしまっていました。

この本を読むきっかけを作ってくれたのは、YouTube「貴ちゃんねるず」です。

「清原和博3日連続スペシャル」

石橋貴明さんの、愛がこもった素晴らしい番組でした。

ご興味が湧いた方は、ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:告白
著者名:清原 和博
出版社:文春文庫
発行日:2020年7月10日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

清原和博 告白 (文春文庫) [ 清原 和博 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2020/8/6時点)

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 1冊目】「考えよ」イビチャ・オシム

ありがとうございます。 Mr.さかんです、 今日は、スポーツ本書評です。 『考えよ』イビチャ・オシム著 元サッカー日本代表監督のオシムが、 サッカー日本代表への提言のみならず、すべての日本人に贈るメッ …

【世界観が変わります】40代サラーマンが絶対読むべき一冊『希望の歴史』

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 仕事と家庭のバランスって、ムズカシイですよね。 『夫婦で仕事と家庭の役割を”ごぶごぶ”にする方法』についてブログを書いています。 今日は、40代サラリーマン …

【書評 29冊目】友だち幻想 菅野 仁

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『友だち幻想』 菅野 仁 著 <最初の一文> 「人は一人では生きていけない」 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネス …

謝罪ってなんだろう

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 清原和博さん著「告白」を一気読みしました。 その理由は、石橋貴明さんのYouTube番組「貴ちゃんねるず」を見たからです。 最後の貴さんのコメントに涙。 清 …

【書評 7冊目】甲子園が割れた日 中村 計

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日も、スポーツ本書評です。 甲子園が割れた日 中村 計 球史に刻まれた一線。1992年夏、星稜VS明徳義塾。 「松井秀喜5連続敬遠の真実」を丹念に追ったノ …