ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 5冊目】「完本 桑田 真澄 」 スポーツ・グラフィック ナンバー編

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日も、スポーツ本書評です。

『完本 桑田 真澄』スポーツ・グラフィック ナンバー編

選手時代は口数が少なかった桑田選手。
野球に対する姿勢が語られている貴重な一冊を紹介します。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

PL学園〜ジャイアンツ〜パイレーツまで、
四半世紀にわたって日本野球を牽引しつづけた、小さな大投手の軌跡。

波紋を呼んだドラフト会議と巨人入団。
逆境に耐えた日々。
肘痛の克服とメジャー挑戦。
潔い引き際…。

己を律し、不断の努力を貫いた男のすべてを凝縮した感奮の一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

其の1.人生は難しい、というところからスタートした方がいいんです。(中略)人生もつらいもだと思えば、本当につらいことが起こっても、ダメージを最小限に食い止められる。

 

其の2.3年生に怒られないために走っているわけじゃない。体力をつけるために、少しでも速くなるために、走るんです。すべては野球のためにやっていたことなんですから。

 

其の3.人にああしろ、こうしろと言われるのは嫌いなんです。(中略)僕は自分で練習方法も工夫し、自分にノルマを課して、それを必ず実行しているんです。それで駄目だったら納得がいくでしょ。

 

其の4.打者が確実に打ちに来るホームランボールのコース、ここに球をむしろ意のままに投げ込める方が、本当は安全なのだ。

 

其の5.当たるかもしれないところへ投げるなんて、僕は野球とは思っていないから。(中略)僕は自分の好きな野球をやりたい。一生懸命、投げて、守って・・・それでいいじゃない。

 

其の6.自分の野球人生は、自分の価値観で全うすべきだと思うし、自分の物差しで見ないとダメだと思う。(中略)自分のポリシーを守りながら、貫きながら、それを達成しなければ本当の喜びは生まれないよ。

 

其の7.悪くてもがんばる。良くてもがんばる。風がいつ吹くか、誰にもわからない。だから、それを待つ。今、うまくいっていなくても、そういう風が吹くのを待てばいい。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・良くても悪くても頑張る
・すべては自分のため
・ポリシーを貫く

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、「桑田真澄」カッコいいということ。

常に責任を背負う覚悟を持っているから。

独自の練習方法、インコースをえぐらない配給。

「桑田真澄」という軸がブレることなく、大きな目標に向かい続けた姿勢。

普段多くを語らない桑田の男気が見て取れる1冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:「最高のチーム」の作り方
編者:スポーツ・グラフィック・ナンバー
出版社:文春文庫
発行日:2010年8月10日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 新しい経済の基本的単 …

【書評 38冊目】なまけ者のさとり方 タデウス・ゴラス

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『なまけ者のさとり方』 タデウス・ゴラス 著 <最初の一文> 私はなまけ者です。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジ …

【書評 21冊目】仕事なんか生きがいにするな 泉谷 閑示

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『仕事なんか生きがいにするな』 泉谷 閑示 著 人間は、生きることに「意味」が感じられないと、生きていけなくなってしまうという特異な性質を持つ、 …

【書評 48冊目】調理場という戦場 斉須 政雄

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『調理場という戦場』 斉須 正雄 著 <最初の一文> 世代が離れても、時代が変わっても、「この子は、何かをやるだろうなぁ」という人が必ずいます。 …

【書評 31冊目】大局観 羽生 善治

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『タイトル』大局観 羽生 善治 著 <最初の一文> 将棋界には、「反省はするが、後悔はしない」という意味がある。 【もくじ】 ✔︎ …