ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 50冊目】遊ぶ奴ほどよくデキる 大前 研一

投稿日:2020年9月24日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『遊ぶ奴ほどよくデキる』大前 研一 著

<最初の一文>
多くの友と遊びの話をしていると「三無い」運動家かと思う。
*時間が無い、お金が無い、心の余裕が無い

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

経営コンサルタント、大学教授、経営者の大前研一氏。
我々よりも多忙な日々を送りつつ、多彩な趣味を楽しむ。

充実したオフが、日々のエネルギーになると語る大前氏。
サラリーマンがどうすれば有意義なオフを手に入れることができるかを解説した一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■仕事ができるかできないか、あるいは人生を幸せに過ごせるか過ごせかないかは、学校の成績とは関係ない

 

■オンと同時にオフを充実させよう。そうすれば、かりにオンの人生で目標通りにいかなくても、家族や友人と楽しい時間を過ごすことができていれば、最後に「いい人生だった」と言えるのだから。(中略)オフが充実してこそ、オンへの活力も得ることができる。

 

■自分の子供が何か悩んでいるとき、哲学や自然科学の古典を通して体得した人生に対する態度を話すことができる。子供の相談に乗る際に問われるのは、自分のなかに強固な人生観があるかどうかなのだ。

 

■仕事を終えた後に、あなたが自由に使える何時間かが生まれるのだ。仕事の効率をあげるためという義務感ではなく、自分の人生をより豊にするためという発想で、是非ともチャレンジしてほしい。

 

■ふだん何気なく食事をとっているが、じつは楽しめる回数には限りがあるのだ。1日1回の食事を大事にしよう。

 

■家族サービスなど必要ない。ともに過ごす時間と対話が必要なのである。

 

■親は満たされることで明日への活力が生まれるが、子供は反対に向上心が失われてしまう。子供部屋より書斎を優先することは、親が過程でリラックスするあめにも子供の自立心を促す上でも、とても有効な手段なのだ。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・1回の食事を大切にする
・人生を豊かにするために、仕事を効率化する
・書斎を確保する

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
仕事中心の人生は卒業しなければならないということ。

残された時間はあまりにも少ない。

あと50年生きるとして、
例えば、楽しめる夕食の回数は18,250回。
残された食事の回数を数えて愕然とする。

まずは自分が満たされることを考える。
そうすることで、人生が幸せになり、周りも幸せになる。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
老後に優しい「終の住み処」を見つけて、残りの人生を明るく素敵なものに使用ではないか。

【著書情報】
書籍名:遊ぶ奴ほどよくデキる
著者:大前 研一
出版社:小学館
発行日:2008年11月12日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊ぶ奴ほどよくデキる!〔小学館文庫〕 [ 大前 研一 ]
価格:586円(税込、送料無料) (2020/9/22時点)

楽天で購入

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 19冊目】ウドウロク 有働 由美子

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『ウドウロク』 有働 由美子 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネ …

WP記事投稿装飾

相手の話を聴く3つのコツと、おススメ本3選【営業歴20年の経験から】

ありがとうございます。Mr.さかんです。 在宅期間が長くなり、 家族間での会話の機会が増えているのではないでしょうか? ”コロナ離婚”が増加⁉︎というニュースもありますが、家族で話すこと …

【40代限定おすすめビジネス本】リーダーは、ごく普通のおじさんでいい!?

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の40代サラリーマンにおすすめのビジネス本は、こちら。 「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方(岩田松雄著) 本著を読むことで得られるこ …

【書評 22冊目】大河の一滴 五木 寛之

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『大河の一滴』 五木 寛之著 <最初の一文> 私はこれまでに二度、自殺を考えたことがある。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x271 …

【書評 51冊目】ドットコム仕事術 大前 研一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『ドットコム仕事術 』 大前 研一 著 <最初の一文> 日本のサラリーマンの8割が、自分はホワイトカラーであり複雑な仕事をしている、と思い込んで …