ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 52冊目】孫の二乗の法則 板垣 英憲

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『孫の二乗の法則』板垣 英憲 著

<最初の一文>
20代で会社を起こし名乗りを上げる

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

ソフトバンクを3兆円企業に育て上げた稀代の企業家・孫正義。
その成功の原動力となった「孫の二乗の法則」

私たちが自分の仕事をや人生に活用するにはどうすればよいのか?
その秘訣を余すところなく解説した唯一の書。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■経営トップがリーダーシップを発揮するに当たり、備えておかなければならない重要なものが3つあります。それは『志・ビジョン・戦略』です。しかも、これには重要さに順序があります。それは、『志・ビジョン・戦略』の順です。

 

■その山(自らが登るべき山)を決めたら、自分の人生はもう半分決まるということであります。勝利が半分決まるということです。

 

■死ぬほど情報を集めて、死ぬほど考え抜いて、死ぬほど選択肢を出して、あらゆる選択肢を網羅して、そのうえで99.99%削ぎ落として、絞り込む。(中略)これもやる、あれもやる、みんなやるというのは戦略ではない。

 

■いくら高邁な理論を言おうが、戦略的な素晴らしい考えを持とうが、事を成すというのは闘って初めて事を成す。

 

■圧倒的ナンバーワンになれるという自信のある分野にしか、そもそも手をつけない。(中略)圧倒的ナンバーワンになるという戦略が見えた、その分野にだけ手をつける。

 

■自分たちの群れは、寄って集って、いったい何を成すのか。何のためにやるのか、それが人々にどう役に立つのか。高い志を持つ。これがまず一番重要なこと。

 

■思いがけず社長になってはいけない、図らずも社長になってはいけない。図らなかった人は社長になってはいけない。それは社員にとっては迷惑な話です。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・高い志をもつ
・ビジョンを常に考え続ける
・99.99%削ぎ落とす(捨てる)

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
登る山を考え続けることの重要性です。

それは一朝一夕にはできない。
考えて、考えて、死ぬほど考え続ける。

登る山が決まれば、自分の軸が決まる。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:孫の二乗の法則
著者:板垣 英憲
出版社:PHP研究所
発行日:2011年4月18日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wordpress記事投稿装飾

【失敗OK】ミスの9割は、頭をさげれば許してもらえる

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は、新人〜3年目ぐらいまでの社会人の方にお伝えしたい一つのことを書いてきます。 私がその時期「知っていればよかった」ということです。 ミスの9割は頭を下げ …

【書評 25冊目】さらば、GG資本主義 藤野 英人

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『さらば、GG資本主義』 藤野 英人 著 <最初の一文> 私の仕事は、「ファンドマネージャー」。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x …

【書評 58冊目】松浦弥太郎の仕事術 松浦弥太郎

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 「松浦弥太郎の仕事術」 松浦弥太郎 <最初の一文> 「三級浪高くして魚龍と化す」という禅の言葉があります。 【もくじ】 ✔︎本の紹 …

【書評 66冊目】1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる 山田 昭男

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる 山田 昭男 著 <最初の一文> 「常に考える」仕事術は、誰でも、いつでも、どこからでもマネでき …

【書評 32冊目】決断力 羽生 善治

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『決断力』 羽生 善治 著 <最初の一文> 名人ー将棋界の最も権威あるこの地位に、私は小学校のころからずっと憧れを抱いていた。 【もくじ】 &# …