ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 53冊目】この国を出よ 大前研一 柳井正

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『この国を出よ』大前研一 柳井正著

<最初の一文>
今や日本は、世界の荒波の中で、羅針盤も舵も失って、ただ沈没を待つだけの難破船のように見えます。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

中国がGDPで日本を抜き、
韓国ではサムスンなどが業績を伸ばす一方で、日本は立ち往生している。

大前研一氏と柳井正氏の二人が、
危機感がないと日本と日本人に警鐘を鳴らし、世界に飛び出す必要性を説いた一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■ビジネスマンは自ら考えて行動しますが、サラリーマンは上司から指示された仕事をこなすだけ、勝手に「自分の仕事はここまで」と境界線を決め、その範囲の業務だけをするのですが、それは本当の意味での「仕事」をしているとは言えない。

 

■何より、人間は稼がなくては生きていけません。食べるために稼ぐというのは、生きていくために必要な行動ですから、仕事をするというのは空気を吸うのと同じ。人間なら当然やらなければならないことです。

 

■上司には、”落ち込む権利”というものはありません。上司が落ち込んだら、会社や組織がメチャクチャになるからです。

 

■どんな仕事であっても、たとえパートやアルバイトであっても、働く人はすべて知識労働者であるべきです。

 

■日本のビジネスマンも、老後に大きな関心を寄せてはいますが、実際にしているのは「心配」ばかりで、「計画」ではありません。私に言わせれば、会社任せの人生で自分では何も計画しないから、心配ばかりが募ってくるのです。

 

■リーダーシップについては、ランク(位)が上がってからつければいい、と考えている人がいますが、違います。育つ課程で身につけるものなのです。

 

■「自分の国にチャンスがなければ国外へ出る」これが洋の東西、時代を問わず、人間を突き動かしてきた本能というものです。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・ビジネスマンになる
・知識労働者になる
・計画を立てる

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
今すぐ行動に移さなければならないということです。

この本は2010年9月に出版された書籍。(文庫は2013年)
今から10年前に書かれた本だ。

であるにもかかわらず、
まったく変わっていない日本と日本人に驚きを隠せません。

自分もその一人と認識をして、いますぐ計画を立てて前に進まねば、という気持ちにさせてくれる一冊です。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
ジャングルで生き延びる知識を身につければ、あなたたちの前途は洋々たる未来が広がっているのですから。

【著書情報】
書籍名:この国を出よ
著者:大前研一 柳井正
出版社:小学館
発行日:2013年1月9日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 29冊目】友だち幻想 菅野 仁

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『友だち幻想』 菅野 仁 著 <最初の一文> 「人は一人では生きていけない」 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネス …

【書評 81冊目】悪役 アンドレス・ダンサ

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 悪役 アンドレス・ダンサ 著 <最初の一文> 東京 ひとりの建築家が、ツイッター経由で携帯電話にメッセージを受け取った。 【もくじ】 &#x27 …

【書評 33冊目】50歳からの出直し大作戦 出口 治明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『50際からの出直し大作戦』出口 治明 著 <最初の一文> 「今が人生で一番いい時だ」 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔ …

Wordpress記事投稿装飾

【失敗OK】ミスの9割は、頭をさげれば許してもらえる

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は、新人〜3年目ぐらいまでの社会人の方にお伝えしたい一つのことを書いてきます。 私がその時期「知っていればよかった」ということです。 ミスの9割は頭を下げ …

新潮文庫の100冊2020 おすすめ5選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は夏の恒例、新潮文庫の100冊2020 おオススメ5選についてお伝えします。 全100冊の中から、ビジネスパーソンを対象にした選書をしていきます。 【もく …