ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 54冊目】わたしはコンシェルジュ 阿部 佳

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『わたしはコンシェルジュ』 阿部 佳 著

<最初の一文>
旅先では、いろいろな疑問や質問がつぎつぎにわいてきます。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

「決してNOとは言えない」職業、コンシェルジュ。
チーフコンシェルジュが明かす究極のおもてなしとは。

ビジネスにも活用できる秘訣が詰まった一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■いろいろ試行錯誤して、「うまく手がかりが見つかった」、そういう瞬間に出会ったときにこそ、もっとも喜びを感じます。

 

■私にとってはおなじみの質問ですが、お客様にとっては初めての重要な質問です。(中略)お客様の心持ちを、ひと言の質問の中から探り出そうと努力します。たとえ1日20回同じ質問を繰り返されても、うんざりしている場合ではありません。

 

■時間を明確にするときに大切なことは、絶対に間に合うという自信のある時刻しか告げないということです。

 

■クレームを恐れるあまり、”無難”なサービスをする人がいます。そういうサービスに対しては、クレームも生じない代わりに、これといった特別な印象を持たれないでしょう。それよりは、お客様のことを懸命に考え、果敢にアイデアを提供していく姿勢でいるほうが、究極のサービスに近づけるような気がするのです。

 

■「本物のサービスは本人の個性があって初めて完成するもの」個人のキャラクターを出すことで、お客様との距離はもっともっと近くなるはずです。

 

■シンプルな接客の心得は、すべて「どうしたら相手が喜んでくれるか?」を追求したところから生まれたものです。

 

■仕事が山のように押し寄せてきてもパニックをおこさないように、自分の中にいつもある程度の余裕を残しておくことがコツ

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・果敢にアイデアを提供する
・どうすれば相手が喜んでくれるかを追求する
・ある程度の余裕を残す

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
プロフェッショナルは諦めないということ。

考え抜く、試行錯誤する。
その先にしか喜びはない。

ビジネスマンとして、「自分はどこまで顧客のことを考えて仕事ができているか」を考えさせられる一冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:わたしはコンシェルジュ
著者:阿部 佳
出版社:講談社
発行日:2010年6月15日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 14冊目】セラピスト 最相 葉月

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『セラピスト』 最相 葉月 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネス …

【書評 19冊目】ウドウロク 有働 由美子

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『ウドウロク』 有働 由美子 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネ …

【書評 42冊目】うまくいかないときの心理術 古田 敦也

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『うまくいかないときの心理術』 古田 敦也著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 &#x271 …

【書評 3冊目】「告白」 清原 和博

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日も、スポーツ本書評です。 『告白』清原 和博 著 怪物の名をほしいままにした甲子園のヒーロー。 なぜ覚醒剤という悪魔の手に落ちたのかを、小学校時代から遡 …

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 何をして生きるかが問 …