ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 55冊目】鈍感力 渡辺 淳一

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『鈍感力』渡辺 淳一 著

<最初の一文>
一般に、「鈍い」ということは、いけないことのように思われています。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか⁉︎
些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ、生きていく上で最も大切で、源になる才能だと解き明かす。

様々な場面で求められる鈍感力とは何か。
先行き不透明な現代を生き抜くヒントが満載の一冊です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■それぞれの世界で、それなりの成功をおさめた人々は、才能はもちろん、その底に、必ずいい意味での鈍感力を秘めているものです。

 

■なまじっか才能があり、自尊心の強すぎる奴ほど、手に負えないものはない。

 

■だいたい年齢をとっても元気な人は、ほとんど話をききません。

 

■才能はあるなし、ではなく、いかに引出されたか否か、の違いです。世間でいっている、才能がある人とは、しかるべきときに、しかるべき方法で、才能を引き出された人のことです。そして才能がない人とは、しかるべきときに、潜んでいた才能を引き出してもらえなかった人のことです。

 

■みなが美味しいと思うものは美味しく食べられ、みながすやすやと眠るときはすやすやと眠り、みなが下痢をするときは一緒に下痢したい。それが幸せということなのかもしれません。

 

■さまざまな不快さを無視して、明るくおおらかに生きていけるかどうか。こうした鈍感力を身につけた人だけが、集団のなかで逞しく勝ち残っていけるのです。

 

■つまらぬことは考えないことです。「下手の考え、休むに似たり」で、くよくよ考えてもどうなるわけでもない、そう割りきって目を閉じる。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・自尊心は捨てる
・おおらかに生きる
・くよくよ考えない

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
いい意味での”楽天主義”が大切であるということ。

鈍感力とは、
長い人生の途中、苦しいことや辛いこと、さらには失敗することなどいろいろある。
そういう気が落ち込むときにもそのまま崩れず、また前へ向かってすすんでいく。
そういうしたたかな力。

悩みんで立ち止まるのではなく、前に進むために必要な力。
鈍感力を身につけたときに、幸せが1歩近づいてるのかもしれません。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:鈍感力
著者:渡辺 淳一
出版社:集英社
発行日:2010年3月25日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 24冊目】夜と霧 V・E・フランクル

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『夜と霧』 V・E・フランクル著 <最初の一文> 「心理学者の強制収容所体験」というこの書においては、事実の報告というよりもむしろ一つの体験描写 …

【書評 74冊目】木のきのち 木のこころ 西岡 常一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 木のきのち 木のこころ 西岡 常一 著 <最初の一文> 私の家は代々法隆寺に仕える大工でした。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x2 …

【書評 69冊目】働きざかりの心理学 河合隼雄

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 働きざかりの心理学 河合 隼雄 著 <最初の一文> 「働きざかり」というのは、響きのよい言葉である。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 & …

【20代にオススメ】日経ビジネス人文庫で読むべき本10選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今回は、20代に読むべきビジネス書を紹介していきます。   私の20代の頃を振り返ると、こんな感じでした。   ・暇がない ・お金がない …

【書評 80冊目】日本人へ リーダー編 塩野 七生

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 日本人へ リーダー編 塩野 七生 著 <最初の一文> ユリウス・カエサルは、二千年以上も昔に次のように言っている。 【もくじ】 ✔ …