ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 56冊目】あたらしい あたりまえ。松浦 弥太郎

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

『あたらしい あたりまえ。』 松浦 弥太郎著

<最初の一文>
毎日の仕事と暮らしを、つつましくも、常にあたらしくありたいと思っています。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

あたらしいあたりまえを見つけるために必要なことは、
自分の仕事と暮らしに深い興味を持つこと、
そして愛情を込めて手入れをすること、
どんなことにも勇気をあらわすことが大切です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■約束の目的は、守ることではありません。約束とは人を喜ばせることです。(中略)締め切りを守るというのは「やらされ感」がありますが、相手を喜ばせる約束であれば、行動が「自分発」になります。

 

■ちょうど良い暮らしとは、日々のささやかであたりまえのことに目を向けて、それを自分が深く考えて理解し、感謝するとき手に入るのではないでしょうか?

 

■僕にとって「学び」とは、毎日の食らしや生活の中で、あたりまえで大切なことを発見すること。好奇心を忘れず、何が自分にとって「ちょうどよいか」を知ることです。

 

■「まずは自分で考える」これをスローガンにして、毎日自分に言い聞かせましょう。わからなかったら、まずは自分一人で、静かに考えること。とことん考え抜くこと。時間はかかりますが、理解は確実に深くなる。

 

■肝心なのは、そのあとはひたすら、同じ場所を掘り続けること。一途に継続し、そこに自分なりのよろこびを見つけ出すこと。ただそれだけです。

 

■自立とは、人に依存せず、自分で生活の糧を得ること。さもなくば、人に合わせることになります。人に合わせていては、自分にちょうどよい個性を生きることなどできません。

 

■種をまいて待つ。待つことを忘れずに、そして一度実りを手にしても、毎年違う種を、ときには違う場所にもまき続けていく。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・人を喜ばせる
・感謝する
・種をまいて待つ

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
日々のあたりまえに感謝することの大切さです。

New normalが叫ばれている現在、
”あたりまえ”なんていうこと・モノは、存在しないことがわかりました。

こんなときだからこそ、手にとって読んでほしい一冊です。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
あたらしい夢こそが、わたしたちの今日をしあわせにしてくれる宝石なのです。

【著書情報】
書籍名:あたらしい あたりまえ。
著者:松浦弥太郎
出版社:PHP研究所
発行日:2012年11月19日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

謝罪ってなんだろう

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 清原和博さん著「告白」を一気読みしました。 その理由は、石橋貴明さんのYouTube番組「貴ちゃんねるず」を見たからです。 最後の貴さんのコメントに涙。 清 …

【書評 54冊目】わたしはコンシェルジュ 阿部 佳

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『わたしはコンシェルジュ』 阿部 佳 著 <最初の一文> 旅先では、いろいろな疑問や質問がつぎつぎにわいてきます。 【もくじ】 ✔ …

【世界観が変わります】40代サラーマンが絶対読むべき一冊『希望の歴史』

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 仕事と家庭のバランスって、ムズカシイですよね。 『夫婦で仕事と家庭の役割を”ごぶごぶ”にする方法』についてブログを書いています。 今日は、40代サラリーマン …

【書評 6冊目】不動心 松井秀喜

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日も、スポーツ本書評です。 『不動心』 松井 秀喜 著 2006年5月11日、 左手首骨折という選手生命を脅かす大怪我から復活を果たした松井秀喜。 逆境、 …

【こどもは未来】特別定額給付金10万円は寄付を検討しよう

ありがとうございます。Mr.さかんです。 地域により差があるようですが、そろそろ特別定額給付金の申請が始まっているようです。 10万円の使い道、すでに決めていますか? 自営業者や契約社員、パート、アル …