ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 64冊目】小さなチーム、大きな仕事 J・フィリード&D・H・ハンソン

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

小さなチーム、大きな仕事 J・フィリード&D・H・ハンソン著

<最初の一文>

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

会社が大きい方がいいなんて幻想だ。
今日では誰でも自分のアイデアをもとにビジネスを始められる。

高価な広告枠、営業部隊、オフィス、いや、会議も事業計画もいらない。

ビジネスに真な必要な考え方をまとめた一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■進化は常にうまくいったもののうえに築かれ、過去の失敗は引きずらない。

 

■仕事依存症はヒーローではない。彼らは危機を救うのではなく、時間を消費するだけだ。本当のヒーローは、仕事をさっさと片付ける方法を見つけだし、とっくに帰宅している。

 

■より良いもののためには、愛着あるものをいくつか犠牲にしないといけない。やりたいことを半分にするのだ。中途半端な1つのものより、とてもよくできた半分の大きさのものの方がいいに決まっている。量より質だ。

 

■決断に決断を重ねる流れに入ると、勢いが生まれ、モチベーションも高まる。決断は進歩だ。あなたが決めた一つ一つのものは、あなたの土台の一部となる。「あとで決める」を積み重ねていくことはできないが、「決断したこと」を積み重ねていくことはできるのだ。

 

■現状のメニューをよくすることが最初ではない。まずはメニューを減らすところから始める。そして、残ったものを磨いていくのだ。

 

■やめることが最善の方法となることを覚えておこう。人はやめることを失敗と関連づけるのだが、ときにはそれがまさにいますべきことであることもある。すでに一つのことにそれだけの価値がないほど多すぎる時間を費やしたのであれば、そこから手を引くこと。その時間を取り返すことはできないが、そんな状況ではさらに多くの時間を無駄にすることになる。

 

■小さな決断をするということは、大きな計画を立てたり、大きなアイデアを考えたり出来ないというのではない。大きなこと達成する最善の道は一度に1つの小さな決断をすることだと信じることなのだ。大きくて遠いゴールを壮大な実行計画の問題は、モチベーションを殺してしまうということなのだ。それはあなたを失敗に導く。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・小さね決断をする
・決断を積み重ねる
・やりたいことを半分にする

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
すでに”働き方”は変わっているということ。
この本は今から10年前に書かれたものであるが、全く古さを感じない。

いまだに拡大路線をやめていない企業も多くあるし、質よりも量を求めている企業かも大勢いる。

旧態依然としたビジネスモデルが悪いわけではないが、
今は顧客のニーズの変化が非常に早いし、多様化している。

そのような環境下では、やることを減らし、決断のスピード上げ、1つの商品を磨いていくことが大切なのだと感じさせてくれた一冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:小さなチーム、大きな仕事
著者:ジェイソン・フィリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン
出版社:早川書房
発行日:2010年2月20日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 54冊目】わたしはコンシェルジュ 阿部 佳

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『わたしはコンシェルジュ』 阿部 佳 著 <最初の一文> 旅先では、いろいろな疑問や質問がつぎつぎにわいてきます。 【もくじ】 ✔ …

【書評 45冊目】お金じゃ買えない。 藤原 和博

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『お金じゃ買えない。』藤原 和博 著 <最初の一文> お金持ちは何でも買える・・・人生以外は。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x2 …

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ

【書評 70冊目】サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 新しい経済の基本的単 …

【書評 14冊目】セラピスト 最相 葉月

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『セラピスト』 最相 葉月 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネス …

Wordpress記事投稿装飾

【失敗OK】ミスの9割は、頭をさげれば許してもらえる

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は、新人〜3年目ぐらいまでの社会人の方にお伝えしたい一つのことを書いてきます。 私がその時期「知っていればよかった」ということです。 ミスの9割は頭を下げ …