ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 67冊目】人を動かす人になれ 永守 重信

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

人を動かす人になれ 永守 重信 著

<最初の一文>
会社の経営はバランスシート、すなわち借方と貸方のバランスで成り立っている。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

平成の名経営者、総合5位。(日本経済新聞社)

理屈で人は動かない。
「人を動かすのがうまい人」のやり方、やる気を生み出す叱り方・褒め方、可能性を秘めた人間の見抜き方・育て方、組織を動かす人が絶対知らなければならない考え方など、人を動かす様々なノウハウを伝授。

すぐやる、かならずやる、出来るまでやる

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■勝ちと負け、失敗と成功、苦と楽、温情と冷酷、褒めることと叱ること・・・、季節に夏と冬があり、1日のなかに昼と夜があるように、こうした微妙なバランスのうえに人間社会は成立している。特に、人を動かしていく場合には、このバランス感覚が非常に重要となる。つまり、収支をゼロにすることを忘れてしまうと、途端に人は動かなくなってしまう。

 

■相手を感動させたり感激させたりするには、まず自分自身がそれをたくさん経験しておく必要がある。

 

■経営者に必要なのは決断力、判断力、指導力などであって、これはチームワークや協調性とは対極をなすものである。20歳代、30歳代にチームワークや協調性を身につけてしまった人間が、40歳代、50歳代になって、これまでのやり方や発想から180度転換せよといってみても、そうそうできるものではない。

 

■「運」の活かし方には公式があると思っている。その代表的なものが、「先憂後楽」の精神だ。目の前にいくつも仕事が山積みになっている。できれば明日に回してしまいたい。そこで、楽をとればやはり大きなチャンスを逃してしまうことになるだろう。

 

■人の上に立ち、人を動かしたいと思うのであれば、この違いの重みに気づく必要がある。社員には気軽に名前やニックネームで呼びかけ、必ず2言3言私の方から声をかけるようにしている。これを邪魔臭がるような人間は、人の上に立つ資格はない。

 

■「心の余裕、ゆとり」何事においてもパーフェクトにできる人間はいない。だが、わずかでも心に余裕があれば行動を起こす前に、確認もれはないか、手抜かりはないかを確かめてみることができる。

 

■「人間の魅力というのは、学歴とか学力などではおしはかれるものではない。未来に対し、自己の持つ知力と体力を結合し、それをほとばしるエネルギーに転化できるかどうかにある。志に向かう一途な魂の燃焼こそ魅力の根幹である」

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・先憂後楽
・心の余裕、ゆとり
・自ら経験

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
経営者と一般社員の差はとてつもなく大きいということ。

今の自分の仕事にこれだけの情熱と覚悟を燃やすことが出来る人は、どれぐらいいるのだろうか。

まずはできる範囲で仕事の取り組み方を変える。
後回しにしない、こころの余裕をもつ、チャレンジしてみる。

そんなところから一歩を踏み出してみれば、明日の自分が変わるのかもしれないと感じさせてくれた一冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:人を動かす人になれ
著者:永守重信
出版社:三笠書房
発行日:1998年12月10日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wordpress記事投稿装飾

【新社会人】いまだからこそ読むべき本10選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 新社会人のみなさん、そろそろ社会人生活には慣れたころでしょうか? だれもが1度は口にしたセリフ「あの頃、あの本に出会っておけば・・・」 社会人生活20年の私が …

【書評 18冊目】極上の孤独 下重 暁子

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『極上の孤独』 下重 暁子 著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビジネス …

【書評 79冊目】田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格 著 <最初の一文> 「革命は辺境で起きる」と言ったのはレーニンだった。 【もくじ】 &#x2714 …

【次は何読む?】おすすめ本を見つける、3つの方法

ありがとうございます。Mr.さかんです。 読書好きあるある。 1冊の本を読み終わってしまった後、 「次に何読もうかな〜」と悩んだ経験ありませんか? 以前の私は、毎回でした・・・。 しかし今は、毎年10 …

【怒らないこと】

ありがとうございます。 Mr.さかんです。今日の1冊 怒らないこと アルボムッレ・スマナサーラ 著   目次 ✔︎本の紹介✔︎3つのポイント解説✔︎ …