ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 7冊目】甲子園が割れた日 中村 計

投稿日:2020年8月10日 更新日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日も、スポーツ本書評です。

甲子園が割れた日 中村 計

球史に刻まれた一線。1992年夏、星稜VS明徳義塾。
「松井秀喜5連続敬遠の真実」を丹念に追ったノンフィクションです。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで使う

 

✔︎本の紹介

1992年の松井秀喜5連続敬遠の真実から15年。

あの時、高校野球の聖地で、彼らは何を思い、何が行われたのか。
監督・元球児たちが語る、封印された記憶。

オールド野球ファン必見の書です。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

其の1.あの試合でいちばんしんどい思いをしたのは星稜の5番(月岩)バッターでしょう。

 

其の2.怒ってましたよ。ただ表に出さないだけで。本当は燃えてましたよ。(中略)自分たちが勝てないのは気が優しすぎるからですよ。(松井談)

 

其の3.相手がどうのこうのより、代打を出さずに僕を使ってくれたことじゃないですか。ともかく5回チャンスをくれた。それだけでも僕はすごい幸せものでした。(月岩談)

 

其の4.「勝負して欲しい」って、それは相手が選ぶことで、そうなるようにしてやるのが監督の仕事やからな。

 

其の5.野球を「教育の一環」として観るなんて。せめて8月ぐらいは、そんな無粋なことをしたくない。野球は野球であるだけで、十分に素晴らしい。

 

其の6.あんとき、僕が何がいちばん腹が立ったかというと、みんな言わせたがるんですよ!『勝負したかったです』って!(河野談話)

 

其の7.逃げないことじゃないですか、好きだと思えることからは。(松井談)

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・情報に踊らされない
・相手に自分を重ねない
・批判しない

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
「真実はいつも一つである」ということ。

そして物事には正解、不正解の2つだけで語れることは少ないということ。

TV、新聞、ネットニュースはあくまでも2次・3次情報であり、
真の情報は、自分で実際に経験し、確認したものでなければならないということ。

ビジネスにおいても、たくさんの情報・噂が氾濫していますが、
それをいかに自分で精査し、情報に踊らされないことが重要だと教えてくれた1冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:甲子園が割れた日
著者:中村 計
出版社:新潮文庫
発行日:平成22年8月1日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実 /中村計【著】 【中古】afb
価格:200円(税込、送料別) (2020/8/9時点)

楽天で購入

 

 

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 42冊目】うまくいかないときの心理術 古田 敦也

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『うまくいかないときの心理術』 古田 敦也著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 &#x271 …

【書評 2冊目】「ハードワーク」 エディー・ジョーンズ

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日も、スポーツ本書評です。 『ハードバーク』エディー・ジョーンズ著 元ラグビー日本代表ヘッドコーチ、エディー・ジョーンズが、 ラグビー日本代表への提言のみ …

【書評 35冊目】還暦からの底力 出口 治明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『還暦からの底力』出口 治明 著 <最初の一文> 年齢に意味はない 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7 …

【書評 78冊目】残酷な世界で生き延びるたった一つの方法 橘玲

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 残酷な世界で生き延びるたった一つの方法 橘玲著 <最初の一文> この世界が残酷だということを、ぼくは知っていた 【もくじ】 ✔︎本 …

【書評 65冊目】人は仕事で磨かれる 丹羽 宇一郎

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 人は仕事で磨かれる 丹羽 宇一郎 著 <最初の一文> 2004年4月2日、伊藤忠商事は、2004年3月期の連結決算で320億の赤字を形状する記者 …