ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 73冊目】上杉鷹山の経営学 童門 冬二

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

上杉鷹山の経営学 童門 冬二 著

<最初の一文>
アメリカのジョン・F・ケネディ大統領が生きていたころ、
日本人記者と会見して、「あなたがもっとも尊敬する日本人は誰ですか」と質問されたことがある。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

江戸中期、幕府への領地返上を考えるほどの財政危機に瀕していた米沢藩を、斬新な藩政改革と藩士の意識改革で見事に甦らせた上杉鷹山。
希代の名藩主として誉れの高い鷹山とは、いったいどのような男だったのか?
そして、その経営手腕とは?

多くの実力経営者やトップリーダーが、尊敬する人物として名を挙げる上杉鷹山の、組織と人間の管理術の要諦を探る一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■お前たちは火種になる。そして多くの新しい炭に火をつける。新しい炭というのは、藩士であり、藩民のことである。中には濡れている炭もあろう、湿っている炭もあろう。火のつくのを待ちかねている炭もあろう。一様ではあるまい。ましてや、私の改に反対する炭もたくさんあろう。そういう炭たちは、いくら火吹竹で吹いても、おそらくは火はつくまい。しかし、その中には、きっと1つや2つ、火をつけてくれる炭があろう。私は今それを信ずる以外にないのだ。

 

■お前たちも少し自分を変えてほしい。問題児のレッテルを片隅でもいいから自分で剥がせ。つまり自分を変えてほしのだ。

 

■1.自ら助ける。すなわち自助。2.互いに近隣社会が助け合う。互助。3.藩政府が手を伸ばす。扶助。の三位一体。

 

■鷹山の人間管理の原則「してみせて、言って聞かせて、させてみる」

 

■「書を捨てて町に出よ」(寺山修司)

 

■藩主の乱れは、忠信が本当のことを言わなくなった時から始まる。耳の痛いことを言わずに、耳に快いことばかり報告するようになれば、藩主は次第に暗君になる。真実から次第に遠ざけられるからだ。そうなった時、忠信はもう忠信でない。

 

■藩主も人民に奉仕するものである

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・火種となる
・レッテルを剥がす
・奉仕する

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
自分の胸に火をつけることの大切さ。

自分に火を灯さない限り、周りに火をつけることはできない。
人の上に立つ者は、愛といたわりで、奉仕をし続けることが重要だということ。

リーダー必読の一冊です。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:上杉鷹山の経営学
著者:童門 冬二
出版社:1990年8月15日
発行日:PHP研究所

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 79冊目】田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉 格 著 <最初の一文> 「革命は辺境で起きる」と言ったのはレーニンだった。 【もくじ】 &#x2714 …

【Book】『心は病気』を読んで

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日は『心は病気』アルボムッレ・スマナサーラ著を読みましたので、気づきをまとめていきます。 これを手に取った理由は、これからの健康に投資するためです。 会社 …

【書評 24冊目】夜と霧 V・E・フランクル

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『夜と霧』 V・E・フランクル著 <最初の一文> 「心理学者の強制収容所体験」というこの書においては、事実の報告というよりもむしろ一つの体験描写 …

【書評 62冊目】「伝説の社員」になれ 土井 英司

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 「伝説の社員」になれ 土井 英司 著 <最初の一文> 年収の高い会社と低い会社。 好きな方に入れるとしたら、あなたはどちらを選びますか? 【もく …

【書評 55冊目】鈍感力 渡辺 淳一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『鈍感力』渡辺 淳一 著 <最初の一文> 一般に、「鈍い」ということは、いけないことのように思われています。 【もくじ】 ✔︎本の …