ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 75冊目】ケネディからの伝言 落合 信彦

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

ケネディからの伝言 落合 信彦 著

<最初の一文>
アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディがテキサス州ダグラスで暗殺されてから今年で30年、そして彼の弟ロバート・フランシス・ケネディがロス・アンジェルスのアンバサダー・ホテルで凶弾に倒れて25年になる。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

ジョン・F・ケネディは繁栄の時代にあって犠牲の精神を説いた。
弟ロバートは超バイオレンスの時代に愛を説いた。
まさに命を賭けて信念を貫き人々に勇気と希望を与え続けた二人の言霊を感じられる一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■同胞アメリカ国民よ、国家があなた方のために何をするかではなく、あなた方が国家のために何ができるかを問うてもらいたい。
我が世界の同胞よ、アメリカがあなた方に何をするかではなく、共に人間の自由のために何ができるかを問うてもらいたい。

 

■自由というものは決して分割されない。ひとりの人間が奴隷として扱われていたら、すべての人が自由ではない。

 

■われわれの問題はわれわれ人間が作り出したものなのだ。それ故、人間が変えでき得るものなのだ。人間は限りなく大きくなれるものである。人間の運命に関して人間が解けない問題は、ひとつとしてあり得ない。これまでにも人間の理性と精神力は一見不可能と思える数々の問題を解き明かしてきた。

 

■互いの相違点が存在することは認めよう。しかし、同時に互いの共通の利益に目を向け、相違点の解決にも努力しよう。そして、もし今相違点を克服できないとしても、少なくとも多様性を認めるような世界を作る努力は成せる。なぜなら、最終的にはわれわれの最も基礎的な共通点は、皆この小さな惑星に住み、皆同じ空気を吸い、皆子供だちの未来を大切に思っている。そして、皆死んでいくのだ。

 

■中国の古い諺によれば、「1000マイルの旅も1歩から始まる」わが同胞アメリカ国民よ、その第一歩を踏み出そうではないか。戦争の影から1歩後退し、平和の道を探究仕様ではないか。そして、その旅が1000マイルかそれ以上になろうとも、われわれが今この地でこの時に第一歩を踏み出したと歴史に記さしめようではないか

 

■命というものは意味がある時に使って初めて価値があるのだ。私は行く。

 

■若さとは人生における一定の期間ではなく、心の状態である。それは意思の強さであり、想像力のたくましさであり、勇気であり、快楽よりも冒険を愛するこころ、そしてきのうの失敗を今日の惨めさの口実にしない弾力性だ。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・自分が何ができるのかを問い続ける
・相違点を認め、解決する
・一歩を踏み出す

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、言葉の力です。

言葉というものは人を傷つけ、悲しませ、殺すことさえできる。
しかし、同時に人を勇気づけ、良心を喚起させ、夢を与え、希望を抱かせる絶大な力もある。

武器や暴力、戦争ではなくとも、言葉の力で人を感動させ動かすことができる。
普段使っている言葉を見直す機会となる一冊になるでしょう。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:ケネディからの伝言
著者:落合 信彦
出版社:1996年2月25日
発行日:集英社

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ベストセラー本】世の流れは分かるが、読みたい本は見つからない

ありがとうございます。 ベストセラーで世の流れは分かるが、読みたい本は見つからないです。 毎年6月になると上半期ベストセラー、 12月になると年間ベストセラーがニュースになります。 昨日は、日販から2 …

【書評 22冊目】大河の一滴 五木 寛之

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『大河の一滴』 五木 寛之著 <最初の一文> 私はこれまでに二度、自殺を考えたことがある。 【もくじ】 ✔︎本の紹介 &#x271 …

【書評 57冊目】あなたにありがとう。 松浦 弥太郎

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 あなたにありがとう。 松浦 弥太郎著 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔︎ビジネスで使える7つの言葉 ✔︎ビ …

【40代限定おすすめビジネス本】40代サラリーマンの生き方のヒントがつまった一冊

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の40代サラリーマンにおすすめのビジネス本は、こちら。 なぜ僕は「炎上」を恐れないのか(イケダ ハヤト 著) 本著を読むことで得られること ・ストレスの …

【書評 33冊目】50歳からの出直し大作戦 出口 治明

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『50際からの出直し大作戦』出口 治明 著 <最初の一文> 「今が人生で一番いい時だ」 【もくじ】 ✔︎本の紹介 ✔ …