ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 80冊目】日本人へ リーダー編 塩野 七生

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

日本人へ リーダー編 塩野 七生 著

<最初の一文>
ユリウス・カエサルは、二千年以上も昔に次のように言っている。

【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

なぜ日本にはカエサルのようなリーダーが現れないのか。

二千年に及ぶローマ帝国、そして中世ルネサンス期の栄華と衰退を知り尽くした著者が語る、
危機の時代を生きるためのヒントが詰まった一冊。

危機の時代は、指導者が頻繁に変わる。首をすげ代えれば、危機も打開できるかと、人々は夢見るのであろうか。だがこれは、夢であって現実ではない。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■目的のためには有効ならば、手段は選ぶ必要はない(マキアヴェッリ)

 

■危機の打開に妙薬はない。ということは、人を代えたとしても目ざましい効果は期待できないということである。やらねばならないことはわかっているのだから、当事者が誰になろうと、それをやり続けるしかないのだ。「やる」ことよりも、「やりつづける」ことの方が重要である。

 

■常に勝ち続ける秘訣とは、中ぐらいの勝者でいつづけることにある。(マキアヴェッリ)

 

■いかなる分野でも共通して必要とされる重要な能力が、1つある。それは想像力だ。(マキアヴェッリ)

 

■自己反省は、絶対に一人でなされねばならない。決断を下すのも孤独だが、反省もまた孤独な行為なのである。

 

■信仰という行為が多くの善男善女にとって大切なことである以上、他者の信ずる神の存在を許容するという考え方は、他者の存在も許容するという考えと表裏一体にあるということである。

 

■人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果たしていくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育くむ可能性さえも奪うことになるのです。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・やり続ける
・想像力をもつ
・仕事を果たしていく

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
歴史から学ぶことは多いということ。

人間は、時代を超えて同じ失敗を繰り返している。
時代を振り返り学ぶことで初めて、今と向き合うことができる。

リーダーの出現を願うだけでなく、
一人一人がリーダーとなり、前に進むことができれば、時代は変わるのかもしれません。

ぜひ読んでみてください。

<最後の一文>
歴史に親しむ日常の中で私が学んだ最大のことは、いかなる民族も自らの資質に合わないことを無理してやって成功できた例はない、という事であった。

【著書情報】
書籍名:日本人へ リーダー編
著者:塩野七生
出版社:文藝春秋
発行日:2010年5月20日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wordpress記事投稿装飾

【失敗OK】ミスの9割は、頭をさげれば許してもらえる

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今日は、新人〜3年目ぐらいまでの社会人の方にお伝えしたい一つのことを書いてきます。 私がその時期「知っていればよかった」ということです。 ミスの9割は頭を下げ …

【書評 24冊目】夜と霧 V・E・フランクル

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『夜と霧』 V・E・フランクル著 <最初の一文> 「心理学者の強制収容所体験」というこの書においては、事実の報告というよりもむしろ一つの体験描写 …

【書評 62冊目】「伝説の社員」になれ 土井 英司

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 「伝説の社員」になれ 土井 英司 著 <最初の一文> 年収の高い会社と低い会社。 好きな方に入れるとしたら、あなたはどちらを選びますか? 【もく …

WP記事投稿装飾

相手の話を聴く3つのコツと、おススメ本3選【営業歴20年の経験から】

ありがとうございます。Mr.さかんです。 在宅期間が長くなり、 家族間での会話の機会が増えているのではないでしょうか? ”コロナ離婚”が増加⁉︎というニュースもありますが、家族で話すこと …

【書評 51冊目】ドットコム仕事術 大前 研一

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『ドットコム仕事術 』 大前 研一 著 <最初の一文> 日本のサラリーマンの8割が、自分はホワイトカラーであり複雑な仕事をしている、と思い込んで …