ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

書籍

【書評 83冊目】ケーキを切れない非行少年たち 宮口幸治

投稿日:

ありがとうございます。
Mr.さかんです。

今日の1冊

ケーキを切れない非行少年たち 宮口幸治著
【もくじ】
✔︎本の紹介
✔︎ビジネスで使える7つの言葉
✔︎ビジネスで実践

 

✔︎本の紹介

児童精神科医である著者は、多くの非行少年たちと出会う中で、「反省以前の子ども」が沢山いるという事実に気づく。
少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じなのだ。

人口の十数%いるとされる「境界知能」の人々に焦点を当て、困っている彼らを学校・社会生活で困らないように導く超実践的なメソッドを公開した一冊。

 

✔︎ビジネスで使える7つの言葉

■自己を適切に知るには、人との生活を通して他者とのコミュニケーションを行う中で、適切にサインを出し合い、相手の反応をみながら自己にフィードバックするという作業を、数多くこなすことが必要。

 

■”褒める””話を聞いてあげる”は、その場を繕うのにはいいのですが、長い目でみた場合、根本的解決ではないので逆に子どもの問題を先送りにしているだけになってしまいます。

 

■問題なのは自尊感情が低いことではなく、自尊感情が実情と解離していることにあります。何もできないのにえらく自信をもっている。逆に何でもできるのに全然自信が持てない。要は、等身大の自分を分かっていないことから問題が生じるのです。

 

■人が自分の不適切なところを何とか直したいと考えるときは、「適切な自己評価」がスタートとなります。

 

■”人に教えてみたい””人から頼りにされたい””人から認められたい”という気持ちを強くもっているということを知りました。そしてそれが自己評価の向上に繋がっていくのです。

 

■自分が変わるための動機づけには、自分に注意を向け、見つめ直すことが必要です。

 

■少年院には、認知力が弱く、「ケーキを等分に切る」ことすら出来ない非行少年が大勢いたが、問題の根深さは普通の学校でも同じ。

 

✔︎ビジネスで実践

✔︎ビジネスで実践
・自己にフィードバック
・適切な自己評価
・自分を見つめ直す

 

✔︎まとめ

本著を通じて気づいたことは、
正しい自己評価が大切だということです。

本書で触れられている方は、自己評価が低いケースが多いのですが、
世間一般的には自己評価が高く、例えば上司や親からの評価が低いと感じている人が多いのではないでしょうか。

適切な自己評価は、他者とのコミュニケーションが必要ということです。
相手の反応がすべてだと受け止めることが、自己成長の近道かもしれません。

ぜひ読んでみてください。

【著書情報】
書籍名:ケーキを切れない非行少年たち
著者:宮口幸治
出版社:新潮社
発行日:2019年7月12日

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【書評 32冊目】決断力 羽生 善治

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『決断力』 羽生 善治 著 <最初の一文> 名人ー将棋界の最も権威あるこの地位に、私は小学校のころからずっと憧れを抱いていた。 【もくじ】 &# …

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ

【書評 71冊目】サラリーマン大逆襲作戦2 トム・ピーターズ ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 サラリーマン大逆襲作戦1 トム・ピーターズ著 <最初の一文> 何をして生きるかが問 …

【心に響く10選】スポーツ大好きな人が読むべき、ビジネスに役立つ本

おはようございます。Mr.さかんです。 学生時代、男性であれば野球・サッカー、 女性であればバスケットボール、テニスなど、 運動部に所属されてきた方が多いのではないでしょうか。 2016年データですが …

【40代限定おすすめビジネス本】40代サラリーマンの生き方のヒントがつまった一冊

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の40代サラリーマンにおすすめのビジネス本は、こちら。 なぜ僕は「炎上」を恐れないのか(イケダ ハヤト 著) 本著を読むことで得られること ・ストレスの …

【書評 48冊目】調理場という戦場 斉須 政雄

ありがとうございます。 Mr.さかんです。 今日の1冊 『調理場という戦場』 斉須 正雄 著 <最初の一文> 世代が離れても、時代が変わっても、「この子は、何かをやるだろうなぁ」という人が必ずいます。 …