ごぶごぶログ

【家族の新しい形】すべて"ごぶごぶ”で分かち合う

仕事

センスのない人が、どうすれば評価されるのか?

投稿日:

ありがとうございます。Mr.さかんです。
今日は、実力の劣る人が、どうやったら、周りの人に評価されるのか?についてお伝えします。

営業の仕事をしていると、営業センスの「ある人」と、「ない人」がいるのがよくわかります。

最初は「センス」なんて信じていませんでしたが、今では絶対に「センス」はあると経験から信じています。

同じことをやっても、うまくいく人行かない人。
同じことを行っても、うまく伝えられる人、伝えられない人。

今日は「センス」についてお伝えしていきたいと思います。

【もくじ】
・センスがない人は、どうすれば評価されるのか?
・センスは磨くことができるのか?

 

・センスがない人が、評価されるにはどうすれば良いか?

量にこだわることです。

仕事は「量」と「質」に分解できます。(仕事=量×質)

センスの良い人や経験のあるベテラン社員は、「質」のよい仕事をします。

1回の営業に時間をかけて準備をし、あらゆる話法を駆使して成果につなげていく。
また、時には購買意欲の高い顧客を嗅覚で嗅ぎ分け、獲物を狙う感覚は、まさにセンスの良い人にしかできない仕事です。

ではセンスのない人は、どうやって成果を上げていけば良いのか?
それは「」で勝負することです。

人よりも沢山やる。

下手な鉄砲数撃ちゃ当たるです。

これは本当だと思います。

ただ、1点注意。
量をひたすらこなしていくと、労働時間が増加し、完全にブラック一直線です。

20代のうちなら良いかもしれませんが、そのうち体を壊します。

ですのでお勧めは、「量」×「スピード」です。

センスの良い人よりも多少でも多くやることは大事ですが、それにスピードを掛け合わせます。

そう、だれよりも早くやるのです。

失敗も成功も誰よりも早く経験して、他の人にシェアする。

そうすれば、成功しても失敗しても周りの人から必ず評価されます

・センスは磨くことができるのか?

センスを磨くことのできる人は、センスのある人だけ。

経験を積むことはできても、経験からセンスを手に入れることはありません。

ただ、あきらめることはありません。
たまたま「営業」センスがなかっただけで、必ず人は「センス」をもっています。

なにかしらの。

その「なにかしら」に出会えることを、「天職」に出会えたというのでしょう。

まとめ
今日は、センスのない人が、どうすれば評価されるのか?についてお伝えしました。

自分がやりたいことが見つかっていないまま、大学卒業後、就職している人が多いと思います。

そんな中、センスのある人が周りにいると、ついつい能力を比べてしまいがちになりますが、それは無用です。

とりあえず量とスピードにこだわり仕事をしつつ、じっくり自分の天職をさがしていきましょう。

今日もお読みいただきありがとうございました。

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【20代にオススメ】日経ビジネス人文庫で読むべき本10選

ありがとうございます。Mr.さかんです。 今回は、20代に読むべきビジネス書を紹介していきます。   私の20代の頃を振り返ると、こんな感じでした。   ・暇がない ・お金がない …

【就活生にエール】今なら絶対入らない、こんなブラック企業

ありがとうございます。Mr.さかんです。 こんなツイートをしました。 就活生に伝えたい 『今なら絶対入らないこんな企業』 ・女性上司がいない ・単身赴任が多い ・役職名で呼び合っている ・オフィスが超 …

【厳選7冊+α】クリティカルシンキングは、社会人に必須のスキルです

ありがとうございます。Mr.さかんです。 社会人歴20年以上を経験しています。 新入社員、中堅、ベテランどのタイミングにおいても、 仕事をする上でベースとなる知識、それが「クリティカルシンキング」です …

【営業パーソン必見】ランチはどこで食べますか?

ありがとうございます。Mr.さかんです。 営業パーソンのみなさん、ランチはどこで、だれと食べますか? 今日は、高い営業成績を出している人のランチ事情についてお伝えしていきます。 【もくじ】 &#x27 …

相手がやる気になる叱り方

ありがとうございます。Mr.さかんです。 家でも会社でも、「誰かを叱る場面」ありますよね。 今日は、相手がやる気になる「叱り方」についてお伝えします。 【もくじ】 ✔︎相手をやる気にさせ …